2005-01-31

日陰者のOpera

Operaは、ある意味その名前にふさわしい壮大な悲喜劇の中で、『インターネット・エクスプローラ』(IE)の代役という日陰の存在としてほぼ10年を費やし、時折、場面転換のつなぎ程度にメディアから注目され、お世辞を言われる程度だったが、最近はその注目さえ新人スターのFirefoxに奪われている。

このあたり、いかにも欧米メディアの記事らしい遠慮のない嫌味でおかしい。

僕は数年来Opera一筋でやってきたので今のところ使いつづけるつもりだけど、たしかに最近Firefoxの話題ばかり見かけるので寂しいですね。

Operaに慣れきってしまったせいか、たまに他のブラウザを試してみると、リンクからタブを開く基本的な操作が微妙に違ったり遅かったりして、使いづらく感じる。まあ、他のブラウザに乗り換えないのは、以前ライセンス料金(無料版の広告が出ないようにする)を払ってしまったからというのもあるけれど。

ところで、Opera8.0のベータ版が出ているのでさっそく導入しているけれど、これだとなぜかbk1で買い物ができなくなってしまった。

2005-01-31 22:08 [topic] | Permanent link | Comments (0)

Comments / TrackBack

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.












TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL