2005-01-20

本日のリンク記事

「萌える文学 Girl's Side」 福永武彦『草の花』の紹介がハイテンションで面白い。さらにAmazonの詳細ページを見たら、ユーズド価格「1円」で売られていたり(送料もかかります)、カスタマーレビューで「こんな不愉快な小説は見たことがない」とけなされていたりと、いろいろ大変。

手錠の鍵 〜「三十九夜」 「ヒッチコック + 手錠」で検索したら真っ先に出てきたページ。「私の興味は、手錠をかけられている状態からどのようなドラマが生まれるかということにあった。」って、いかにもアントニイ・バークリーの小説にでも出てきそうな台詞だ。『三十九夜』は1月24日にNHK-BS2で放送があるので見ておこうか。

池澤夏樹『世界文学を読みほどく』(読むまで死ねるかっ) 面白そうなんだけど、実は取り上げられている本をろくに読んでいないのが問題。『白鯨』はちょうど岩波文庫の新訳が出ているので、読み通そうかなあ。(というのが今年の読書の目標)

2005-01-20 22:41 [topic] | Permanent link | Comments (1)

Comments / TrackBack

[読書][読み中]池澤夏樹『本: 新潮選書 世界文学を読みほどく』

 おお、面白い。実作者が19世紀から20世紀の小説を俯瞰し、その先の形まで見通す、という趣旨の元に1週間の講義を行う。まあ、俯瞰と言っても欧米の小説に限られているのだけれど、まあ、これは入手のし易さとか、小説という形がまず文化の中にあって書かれたものであることから、仕方がないことではあろう。その代わり、それぞれのお題の中で、色々な小説や著作物についても紹介している。
 二作目の「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)は結構ずたぼろに言っております(笑)。彼は、神の視点で「何でもお見通し」と言ってるような小説は好きじゃないようで、トルストイが好きじゃない理由はここにあるとまで言い切っている。この視点の話は後にも出てくるのだけれど、なかなか興味深かった。この辺の目の付け所はさすが作家だなあ、と。女の趣味もまた、違っていたようではあるのだが。
 三作目の「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー)は、とても興味深かった。近代小説のすべてがここに詰まっているという解説もなかなか。「アンナ・カレーニナ」はストーリーの説明が続いてちょっと辟易したのだけれど、こちらは、どんな風に読めるか色んなアプローチが紹介されていて楽しい。
 四作目の「白鯨」(メルヴィル)は、ポストモダン小説だという指摘にようやっと「ポストモダン」の意味を知った気になった。「モダン」がいわゆる、スタンダードな形とすれば、それが物足りなくてそこからはみ出したものが「ポストモダン」となるんだね。と、今更何を言っているのか。この小説は小説の枠組みを借りつつ、鯨に関するありとあらゆる情報を詰め込んだものだ(「データベース」という言葉を使っている)という話で、19世紀にこれが書かれた凄さを語っている。しかし、これが次に繋がっていくわけだ。
 五作目の「ユリシーズ」は、池澤氏ご本人が惚れ込んでいるんだろうなあ。解説が、とても面白い。「白鯨」が全てを書ききろうとする小説だとすれば、「ユリシーズ」は「こんなに書いて書きまくっても、結局はものごとの全てなんて書ききれないんだ」という話だとか。この小説はある一日を書いた話なのだが、20世紀のダブリンとギリシャ神話のオイディプスが話の底辺にあるのだ、という指摘(多分、これは読んだ人なら分かるのだろうなあ)。そして、言葉遊びがすごいという話。これは確か、同じくジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』もそうだった筈。そこから、日本語と言う言語とその限界についても語られている。ここではかなり日本語が不利なのだけれど、まあ、それでも日本語のよさはあるとは思うけどなあ。しかし、大和言葉というのは、途中で輸入されてきた漢字に頼り切ってしまったために、言語として未発達で語彙も少ないという指摘は愕然とした。そういえばそうだよなあ。漢字はもともと、日本語ではないのです。
 という訳で、ただいま「魔の山」(マン)に入ったところ。これは「カラマーゾフの兄弟」の講義の中で、「"魔"というよりは"魔法"と訳した方がぴったりくる」というようなことを言っております。モーツァルトの「魔笛」もそうなのだとか。「魔」だけだと、おどろおどろしい感じがするもんね。ここでも、当時(第一次大戦直後)のヨーロッパの中でのドイツのおかれた位置について解説しているけど、こういう物語が書かれた背景となる知識も拝受することができて、この辺りは池澤様様でございます。
 こんな感じなので、読んでいない人が読みたくなるようなブツになっております。興味があるのでしたら、ぜひ読まれてみては?

Posted by Mint Julep at 2005/01/25 (Tue) 18:21:34

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.












TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL