2005-01-16

『ネバーランド』

Finding Neverland / 2004年 / 英国・米国 / 監督: マーク・フォースター

子供の国、ネバーランドとピーター・パンの誕生秘話。これはジョニー・デップつながりでギリアムやバートンみたいな強烈な夢想家が撮れば面白い題材なのかもしれないけど、普通の監督が撮ってもありきたりな「いい話」になるだけなんじゃないか……と適当に予想していたら、本当にその通りの映画だったので、特に書くことがない。とりあえずケイト・ウィンスレットの役は要らないんじゃないだろうか。「ウェンディ」に重ねているのはわかるにしても、病弱なはずの役なのに全然そう見えないのが困る。周りの子役の演技もわざとらしくて見ているのがつらかった。台詞で全部説明してしまう脚本もあまり上出来とはいえない。ミラマックス製作映画によくある欧州趣味のコスプレ時代劇という以上のものではないと思う。

『ゴスフォード・パーク』の新米メイド役が印象的だったケリー・マクドナルドが作中劇のピーター・パン役で出ていた。[★★]

2005-01-16 18:01 [movie] | Permanent link | Comments (0)

Comments / TrackBack

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.












TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL