2005-01-21

『闘争領域の拡大』 ミシェル・ウエルベック

bk1: 闘争領域の拡大

Extension du domaine de la lutte (1994) / 中村佳子訳 / 角川書店 / ISBN:4-04-791487-8 [amazon]

「当代最強の鬱作家」((c)柳下毅一郎)ことウエルベックの第一作。何かものものしい題名だと思ったら、恋愛とセックスが自由市場になったいま、金銭の多寡とは別にそこでも勝者と敗者があらわれる、我々の「闘争領域」は広がっている、というようなことを示すらしい。

鬱気味プログラマの視点による身辺雑記の読み心地は悪くないけれど、社会や身の回りの出来事を厭世的に分析する、普段は包み隠すようなことでも容赦なく暴いてしまう、という種類のテキストはいまやウェブ上でよく目にするので、さほど新鮮味はないかなあ。

2005-01-21 20:29 [book] | Permanent link | Comments (0)

Comments / TrackBack

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.












TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL