2005-08-02

先月観た映画、その他

しばらく更新しないでいたら日誌じゃなくて月誌みたいになってしまった。先月観た新作映画の感想を書いてみる。移転の準備はまたいずれ……。

■『輝ける青春』(監督: マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ)

合計6時間を超える大長編。まあ、立派な大河ドラマではあるけれど、やっぱりこれだけ長いと映画のテーマがひとつに絞られないので、正直なところ劇場でじっと見るには少々きつかった。物語の始まる1966年の時点から、イタリア社会の不正に対して登場人物がそれぞれどんな道を選んでいくか……を見せていく前半部が面白くて、後半は社会との関わりが後退して、子供たちが育ってファミリーが継承されていく、という家庭内の満足に収束してしまうのが物足りない(子孫を残すこと=「幸せ」というのが絶対視されるので窮屈に感じられる)。イタリアの学生運動世代の人が自分たちの時代を振り返って満足げな思い出話をしている、という枠組みを超えるものではなかった。[★★★]

■『ライフ・イズ・ミラクル』(監督: エミール・クストリッツァ)

待望のクストリッツァ新作だけれど、この人の映画は外すと思いつきのようなメロドラマを散漫に連ねているだけに見えてしまうんだよね(『アリゾナ・ドリーム』とか)……というパターンに陥っていていまひとつ物足りない。残念ながら今回は『アンダーグラウンド』の破天荒さや『黒猫・白猫』の歓喜はなかった。あと、この映画の筋書きは「電車男」が戦時中にたまたま人質として押し付けられた運命のヒロインと結ばれるというものだけれど、それって「ストックホルム症候群」みたいなものじゃないの?[★★★]

■『運命じゃない人』(監督: 内田けんじ)

ある一晩に起きた出来事をそれぞれ別の人物の視点から語り直していく……というポスト『パルプ・フィクション』的な趣向は珍しくないものの、脚本が見事にまとまっていて堪能できた。きっとタイムテーブルを作って脚本を組み上げたんだろうなあ。パズル好きは必見。同じ場面の繰り返しがそれぞれ物語の意味の読み替えになっているし、作中の台詞がどこまで本気なのか裏付けられない構造になっているのも巧い。ビリー・ワイルダーの『アパートの鍵貸します』の本歌取りがあるのも、脚本に賭ける心意気を感じる(主人公はあの映画のジャック・レモンに似たお人好しだ)。ただ、いかんせん話が小粒すぎるような気もするけれど。[★★★★]

■『チーム★アメリカ/ワールドポリス』(監督: トレイ・パーカー)

素晴らしかった! 見境のない悪ふざけに当てられて、観た後は確実に頭が悪くなったような気がした。アメリカ帝国主義もリベラル俳優も金正日も、あらゆる権威といんちきな存在がこけにされているけれど(金正日はむしろ可愛らしいか?)、全体がブラッカイマー映画の手法を忠実になぞったパロディになっていて、ちゃんと背景に安っぽい音楽が流れるのが笑える。特にその手の映画にありがちな編集術そのものを茶化してみせる"Montage"の歌には吹き出しそうになった。時事ネタ満載なので、後世の人が観るとさっぱり意味がわからなかったりしそうなのが難か。[★★★★★]

■『アイランド』(監督: マイケル・ベイ)

その『チーム・アメリカ』で「奴がどうして映画を撮りつづけられるのか」と酷評されていたマイケル・ベイ監督の新作。『ガタカ』的なレトロSFにマイケル・ベイの大味アクションをぶち込むというよくわからない企画で、新味はないにしても、「MSN Searchを導入した電話ボックス」とか、たまに凝った小道具や場面が出てきて暇つぶしにはなる。スカーレット・ヨハンソンはあまり綺麗に撮られていなくて冴えない。しかし、ユアン・マクレガーとスティーヴ・ブシェミが便所で揉み合っているところをゲイの痴話喧嘩と勘違いされる、というギャグには「これは本当に21世紀の映画なのか……」と気が遠くなった。[★★★]

■『亡国のイージス』(監督: 阪本順治)

『ローレライ』があまりに酷かったせいか、相対的にこれは結構悪くないのではと思えてしまった。映画らしい大胆な「省略」に頭を使わせる箇所がいくつもあるし、登場人物も細かい仕草にそれぞれ存在感がある。ただ、福井晴敏原作の映画はどちらも筋書きが『沈黙の艦隊』と『パトレイバー2』の焼き直しにしか見えないのが気になるし(実際、原作に「弾頭は通常にあらず!」という『沈黙の艦隊』そのままの決め台詞が出てくるのを知って読むのをやめたことがある)、軍事もの映画の演出が決まって重厚な音楽を流して愛国心や自己犠牲を盛り上げようとするパターンになってしまうのはどうにかならないものかと思う。[★★★]

2005-08-02 22:49 [topic] | Permanent link | Comments (0)